タイトル

薬学部で目指す薬剤師への道

薬剤師になるためには

最近、新聞折込の広告の求人欄を見ると、薬剤師を募集しているのが目に付く。
薬剤師とはどのようにしたらなれるのだろうか、興味を惹いた。
薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業しないといけないようだ。
薬学部ともなると六年生で、学費も大幅にかかるのだろう。
私立となると、大学によって異なりますが、入学金で五十万円程度、授業料も総額一千万円を超える学費になります。
その他に、教科書も一冊がとても高額なものらしい。
お金持ちの人しか入れないじゃないかと思うかもしれないが、そうではなく、優秀な人には特待制度や奨学金制度もあります。
これは授業料の一部が免除になるものです。

薬剤師になるにはどうすればいいか

薬剤師は国家資格で、取得すればドラッグストアや病院で薬剤師として勤務することができます。
薬を扱うということで非常に危険な仕事ですので、その国家試験は難関なものとされています。
そのため薬剤師の資格を持っていれば就職にあまり困ることもありません。
就職難のこのご時世ですが、逆に薬剤師は求人数が大幅に増加しています。
これは薬学部が従来の4年生だったものが2006年度入学より6年制へ移行したことが要因になっています。
その間2年間は国家試験浪人生などを除き、薬剤師の供給が止まっていたのですから当然です。

薬学部で目指す資格

前述のとおり、薬剤師試験を受験するには6年制の薬科大学、薬学部へ通う必要があります。
また、普通の一般的な大学とは違い、薬学部や薬科大学の留年率はかなり高いものとされています。
私立の薬科大学ですと、入学者の約半分は6年でストレートに卒業できないというところもあります。
しかし、無事に卒業資格を得た人は十分な薬学的知識が備わっているものと考えられ、国家試験の合格率はそれほど低くなく、毎年8割以上の受験生が合格しているのです。

また優秀ではない人でも、国の教育ローンという制度があり、たくさんの援助ルートが設けられているようです。
大学を卒業した社会人はなれないのかというと、なれるようです。
また薬科大学に入りなおして、薬剤師になったという人もいます。
しかし相当な努力が必要です。