タイトル

ご家族との別れの時間を存分に確保できるのが「家族葬」

小さな葬儀が一般的になってきました

家族で執り行う小さな葬儀は、近年、インターネットを中心に紹介されることが多くなってきている方法です。
この葬儀では、一般の会葬者への心遣いが必要とされず、故人と家族をごく少数の会葬によって繋ぐことが出来る為、密葬ではなく暖かい響きのする「家族葬」という呼び名が浸透しています。
現在、参列者への対応に追われずお別れをしたい方や、知人友人を大勢呼ぶ必要のない方、故人のご遺志によりこぢんまりと式を行いたい方などが、新しい葬儀の形として選択することが増えています。

家族葬のメリットは多い

特に参列者の多い式は遺族が非常に神経を使う必要もあり、また、お料理や返礼品などのおもてなしに掛かる費用も負担となってしまいます。
家族や親しい友人で行うこの葬儀方法ならば、遺族も心身共に落ち着いて故人の他界を悼むことが出来ます。
このようなことを考えれば、この「家族葬」を選ばれる方が増えてきているのも頷けます。
また、この式は小規模な式となる為、費用の一般的な式よりも半分~3分の1程度での予算で式をあげられます。
追加料金も発生しにくい点や大きな式場を貸し切る事がない点もまた、経済的でありメリットと言えるでしょう。

障害ネックとなるのが親戚の反対と世間体

しかし、世間体や昔からの風習を大事にされる方には、中々受け入れ難いのが現状のようです。
例え故人のご遺志であろうとも、上記のことを大切にする親族の反対や、亡くなった事の報告をした後に来客の応対に追われる可能性も想定できます。
そのデメリットも予め理解して、今まで受け継いできた葬儀方法とのどちらの葬儀方法が良いのか、熟慮しておく必要があります。
それでも、ささやかながらも暖かさの感じられる見送りが出来る「家族葬」はこの先、益々需要が増えていくことでしょう。